アドバンスト・クロスフェード・エディター

アドバンスト・クロスフェード・エディター

SEQUOIAのクロスフェード・エディター(CFE)は、正確さが求められるカット編集には欠かせないツールです。CFEは、ソース・デスティネーション編集とのコンビネーションとして、特にクラシック音楽の制作に完璧にカスタマイズされていますが、カットやフェードを多用するあらゆる音楽プロジェクトにおいても便利に使用できます。プロフェッショナルなクラシック音楽の制作者との密接なパートナーシップにより開発されたCFEは、正確なカット位置の調整や、オーディオ・オブジェクト同士のトランジションのデザイン、クロスフェードに関するあらゆるパラメーターのコントロールを定義しています。

すべての編集は、ソース・ファイルに対して非破壊で実施され、プレイバック中でもリアルタイムに適用されます。高度なデジタル・オーディオ演算により、オブジェクト・エフェクトのシームレスなリアルタイム処理を含め、スムースで雑音のないクロスフェードが提供されます。CFEでは、サンプル・レベルまでズームインしたマテリアルの外観表示をはじめとするプロフェッショナルな波形表示が利用可能です。周波数スペクトラムまでも、統合化されたスペクトル・オーディオ表示やComparisonicsTMカラー表示で確認することができます。

クロスフェード位置の左右にある使用していないマテリアルも表示および再生することができるため、編集ポイントの調整が極めて正確に行えます。

SEQUOIAのクロスフェード・エディターの右に出るものはない。

Steven Epstein
グラミー賞受賞(17回)
クラシック&ジャズ・プロデューサー

Crossfade Editor

主な機能

  • 左右対称または非対称なクロスフェードの編集
  • 複数のオーディオ素材をグループ化または個別にフェード適用
  • プレイバック中でもすべてのパラメーターを反映してリアルタイムに編集結果を適用
  • フェード長、オーバーラップ、カーブ・フォーム、ボリュームなどをコントロールするフェーダーと、すべての動作やナッジ時のステップ・サイズをカスタマイズ可能
  • マルチトラック・クロスフェードを含む、予め処理されたフェードを管理するためのプリセット・システム
  • 様々な設定内容を瞬時に切り換えて比較するためのスナップショット機能
  • ルート・リニア、ルート・コサイン、ルート、サイン、Exp8、Log8、Fast sincosなど、多様なバリエーションを持つ基本フェード・カーブ
  • すべてのエディターに対して、自由にアサイン、調整が可能な、キーボード・ショートカットとマウス操作
  • 主要機能についてハードウェア・リモート・コントローラー(Mackie Controlなど)に対応

SEQUOIAの導入に関して、実演デモ等承ります。
お気軽にお問い合わせください。