動作環境

すべてのMAGIXプログラムは、低パフォーマンスのコンピューターでもすべての基本機能を快適に操作できるように開発されています。

尚、一部の高度なプログラム機能はより多くの処理能力を必要とする為、それらを最大限に活用するには、システムが少なくとも下の推奨要件を満たしている必要があります。

お使いのコンピューターの仕様は、オペレーティング・システムのコントロールパネルで確認できます。

オペレーティング・システム

ポストプロダクション(シネマの場合)

  • プロセッサー:2 GHz以上
  • RAM:2 GB (32ビット版)、4 GB (64ビット版)
  • グラフィックス・カード:オンボード、解像度 1024 x 768 以上
  • サウンド・カード:オンボード
  • ディスク空容量:2 GB(最小構成でのインストール)、90 GB(Independence)
  • プログラムの言語:ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語

※ インターネット接続:プログラムの登録/認証や特定のプログラムの機能でインターネット接続が必要です。プログラムは一度登録する必要があります。

ファイル・フォーマット

オーディオ

インポート エクスポート
AAC¹
AIFF
Broadcast WAV
FLAC
MIDI標準フォーマット
(MID, GM, GS, XG)
MP3²
OGG Vorbis
SD2
WAV
WAV with codec
WMA

ビデオ

インポート エクスポート
AVC-Intra¹
DV-AVI
DVCPRO¹
H.264
HDV HD1
HDV HD2
MPEG-1
MPEG-2
MPEG-4
MXV
WMV(HD)

その他

インポート エクスポート
Audio CD
Data CD/DVD
DDP
  • Sequoia 15

    通常版

    ¥380,000

    11月20日発売予定

    Sequoia 15 UPGRADE from 14

    バージョン14からのアップグレード版

    ¥140,000

    11月20日発売予定

    Sequoia 15 UPGRADE from 13 & older

    バージョン13以前からのアップグレード版

    ¥240,000

    11月20日発売予定

    Sequoia 15 CROSSGRADE

    Samplitudeからのクロスグレード版

    ¥320,000

    11月20日発売予定

    Sequoia 15 for RME users

    RMEユーザー向け特別アップグレード

    ¥320,000

    11月20日発売予定

    * 2019年9月7日以降に国内正規版のSequoia 14をご購入された方は、無償でのアップグレードを提供いたします。

     

    Sequoiaは過去数十年にわたり、プロ・オーディオ制作におけるソフトウェア・ソリューションの先頭を走り続けてきました。Sequoia 15は、特にプロフェッショナル・ユーザーの要求に応えるために開発された、オーディオ制作、放送、ポストプロダクション、マスタリングの分野においてさらなるマイルストーンとなる製品です。

  • Sequoia 15 ACADEMIC

    アカデミック版

    ¥198,000

    11月20日発売予定

    Sequoia 15 ACADEMIC UPGRADE from 14

    アカデミック版 バージョン14からのアップグレード

    ¥90,000

    11月20日発売予定

    Sequoia 15 ACADEMIC UPGRADE from 13 & older

    アカデミック版 バージョン13以前からのアップグレード版

    ¥130,000

    11月20日発売予定

    * 2019年9月7日以降に国内正規版のSequoia 14をご購入された方は、無償でのアップグレードを提供いたします。

     

    Sequoiaは過去数十年にわたり、プロ・オーディオ制作におけるソフトウェア・ソリューションの先頭を走り続けてきました。Sequoia 15は、特にプロフェッショナル・ユーザーの要求に応えるために開発された、オーディオ制作、放送、ポストプロダクション、マスタリングの分野においてさらなるマイルストーンとなる製品です。